Magentoは世界No.1シェアのECプラットフォームです。そしてSAPは有償のERPシステムの中で世界シェアNo.1であり、Odoo(旧OpenERP)はオープンソースのERPのシェアNo.1になります。
世界シェアNo.1同士でデータを連係するという事例は世界には数多の事例があり、連係を行うためのツールはSAPサイド、Odooサイドのサードパーティベンダーからも当然提供されています。

MagentoサイドからはOdoo用のコネクタが発売されており、当社ではその日本語版を販売しています。

Magento Odooコネクター製品ページ

特にOdooは無償で提供されるオープンソースのソフトウェアになるため、数千万、数億、数十億といった高いライセンス費用がゼロ円になるという驚異的なコスト削減を実現可能なソフトウェアでありシェアも着実に伸びてきているため当社としてもお勧めのERPソフトウェアになります。これまでExcelだけで業務を行っているレベルや、勘定奉行、弥生などを使用しているレベル、OBICやSAPを使用しているレベルまでカバーが可能な、Magento同様に無限の拡張性を持ったソフトウェアです。

その上でECであるMagentoとERPであるOdooを接続するということは、そのシステム間の商品情報や売上情報などのデータ入力作業を人的オペレーションで実施されていた場合は、その業務コストが丸々ゼロ円になり、コスト削減金額は計り知れません。そしてEC用の在庫と、ERPで管理されている卸売在庫や店頭在庫が同一の在庫であった場合、その在庫数は常にリアルタイムで双方間で同期されるため、在庫の欠損などが発生することもなくなります。

このようにMagentoとOdooで業務を回していくことは私達システムの専門家という立場から見て理想的な形と言えます。

現在Odoo、SAPなどのERPシステムの他に、Saleceforce、OroCRM等のCRMシステムなど、様々な外部システムとの連係も可能です。

お問い合わせ

「ERP(SAP・Odoo連携)」、またはMagentoサイト構築に関するお問い合わせはこちらのフォームか、052-880-0011までご連絡ください。